rasperry_pi_top

外部モニタなし、USBキーボードなしで、ノートパソコンとUSBケーブルで
raspberry pi zero のセットアップを行う方法を紹介します。
セットアップ後はssh接続することでGUIも利用可能です。


1.OSの準備 
下のサイトよりraspberry pi 用のOS(RASPBIAN)をダウンロードします。
DOWNLOADS|RASPBIAN

通常版とライト版がありますが、ライト版にはデスクトップ環境などが
入っていないようなので、特にこだわりがなければ通常版を選びましょう。

次にダウンロードしたOSをmicro SD カードに書き込みます。
書き込みためのソフトがありますので、こちらを使用します。
DD for windows

ファイルを解凍したら、「DDWin.exe」を右クリックして管理者として実行をクリックします。
ddwin


アプリの操作は下記の通りです。
  ①より書き込むmicro SD カードを選択、
  ②より、OSファイル(拡張子:.img)を選択
  ③で書き込み開始
ddwin2

ここまでが通常のRASPBIANの準備です。


2.USBケーブルでSSH接続するための準備 
raspberry pi zero には有線LANがありません。
そこでUSBをイーサネットと認識させて接続するようWindows側の設定をします。

まずは、bonjourを使うためにiTunesをインストールします。
(わかる方はbonjourだけのインストールでも構いません)

次にドライバをダウンロードし、解凍しておきます。
Pi Zero OTG Ethernet

最後にmicro SD カードのファイルに下記のように追記します。
 ファイル名:config.txt
最後に「dtoverlay=dwc2」を追記します。
 ファイル名:cmdline.txt
「rootwait」のあとに「modules-load=dwc2,g_ether」と追記します。
           (半角スペース1つで区切りを入れるようにしてください)
   少しわかりにくいので、こちらの記述例もご参照ください。

※2017-06-25追記
 最新のRASPBIANでは、デフォルトでSSHが禁止されるようになったようです。
 micro SD 内に「ssh」というファイルを追加することでSSHできるようになります。
 (「ssh」には拡張子を付けないでください)


3.インストール 
micro SD カードをraspberry pi zero に差し込みパソコンとUSBで接続してください。
LEDが点滅してOSのインストールが行われます。
モニターと接続していないのでわかりにくいですが、
LEDが点滅から点灯に変わったらインストール完了です。


4.ドライバの設定 
コントロールパネル→ハードウェアとサウンド→デバイスマネージャーから
デバイスマネージャーを開くと、USBシリアルデバイスとして認識されてしまっています。

そこで、右クリックしてドライバーソフトウェアの更新を行います。
devide_maneger


コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索し、
devide_maneger2


2でダウンロードしたドライバの保存先フォルダを選択します。
devide_maneger3


USBイーサネットデバイスとして認識されました!
devide_maneger4

これでSSH接続できるようになりました。


4.SSHでログイン 

WindowsからSSH接続するソフトとしてTera Termが有名ですので
そちらを使用します。
窓の杜|Tera Term


Tera Termを起動するとHostの入力を求められますので、
raspberrypi.localと入力します。
(raspberry pi の ipアドレスを調べなくてよいところが素晴らしいですね)
rapi1


警告がでますが、Continueを押してください。
rapi2


User:pi、 password:raspberry を入力します。
rapi3


SSH接続できました。
rapi4


以上が raspberry pi zero のセットアップからSSH接続までの流れとなります。
次回では各種設定の解説を行います。

ラズパイ・ゼロ専用キット 高品質アクリル・ケース+アルミ・ヒートシンク+GPIO ヘッダー+ミニ・スクリュードライバー 四点セットRaspberry Pi Zero Kit (ブラック)[このケースはRaspberry PI Zero Wirelessに適用ではありません]