raspi

前回でノートパソコンからUSBケーブル一本でSSH接続できる環境が整いました。
これから初期設定、ソフトウェアの更新を行い、WiFi接続によるリモートデスクトップ接続を
できるようにしていきたいと思います。 


インターネットへの接続
まずは、raspberry pi がUSB接続しているノートパソコンを通して
インターネットに接続できるように設定します。
コントロールパネル→ネットワークとインターネット→ネットワークと共有センターと進み、
左側にあるアダプターの設定の変更をクリックします。

いくつかの項目が表示されますので、
インターネットにつながっているデバイス(この場合はWi-Fi)を右クリックしプロパティを選択します。
net1

そして共有タブから、「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピュータの
インターネット接続をとおしての接続を許可する」にチェックを入れます。
net2


設定を有効にさせるために raspberry pi zero を再起動します。
(Tera Term から sudo reboot コマンドを送ってください)

以上で raspberry pi zero がインターネットにつながるようになりました。

ラズパイ・ゼロ専用キット 高品質アクリル・ケース+アルミ・ヒートシンク+GPIO ヘッダー+ミニ・スクリュードライバー 四点セットRaspberry Pi Zero Kit (ブラック)[このケースはRaspberry PI Zero Wirelessに適用ではありません]